本格的な製法で作られたドイツパンとお菓子「タンネ」– 水天宮前,人形町,浜町/パン

浜町に店舗があるタンネはドイツ人マイスターの指導のもと手作りでおいしいパンや焼き菓子を販売しているドイツパンの専門店で、人形町に訪れる際には是非立ち寄りをおすすめするパン屋です。
店舗の1階でパンが販売され、その半分と2階にカフェスペースがあります。
週末土曜日の朝は8時から営業しており近隣の住民が朝食用のパンを求めにきたり、欧米系の外国人がカフェで朝食をとったりでとても賑わっています。

お店の前の花壇の花は赤いゼラニウムで窓枠との色の組み合わせがぴったり。

フルーツの入ったデニッシュパン

ダークチェリーとアプリコットの入った甘いデニッシュ(240円)。
うちの旦那さんの好きなパンです。

ドイツの焼き菓子

リンツァートルテ(240円)、マーモアクーヘン(240円)、キルシュクーヘン(250円)、どれも日本人にとってはとても珍しいドイツの焼き菓子です。

イースターブロート

レーズンやオレンジの入ったイーストを使って発酵させたイースターブロートというパン、こちらのお店の人気の定番で季節限定で提供されているそうです。

ドイツパン

ロゼッテ、ストロイゼル、プヒテル、クロワッサンなど珍しい名前のドイツパンが並びます。

カイザー、ドッペル、シュリッペ、クラフトコーンブロート、等々。

ケーキ、菓子類

こちらはケーキ、菓子類の冷蔵ショーケース。
バターサンド、ドナウヴェレ、ピーネンシュティヒ、ケーゼシュニック、ヌスエケンなど。

これは、ドナウヴェレ(Donauwelle)というドナウ河のさざ波と言う名のドイツを代表するケーキの一つです。
チョコレートやバタークリームを使用しているので暑くなるまで寒い時期のみの販売だそうです。

チョコレート生地の模様が、波の形をしていて、ダークチェリーが埋めこまれたマーブルのどっしりした生地とクリームの相性は抜群で、ひとくち食べて美味しい!と感動したケーキです。
1つ240円とケーキ屋さんのケーキに比べるとリーズナブルなのでそれほど大きな期待はせずの購入でしたが、すぐにリピート決定、誰かにお土産として渡したいと思ったケーキです。

これは前回の撮影から1年後ぐらいの時に撮影したもので内容が少し変わっています。

これはヌスエケン(280円)とアーモアクーヘン(240円)。

ドイツのお菓子で珈琲をと思って買って食べたらあまりにも美味しくてびっくり。
特にヌスエケンは様々な材料が何層にもなり使われて個々の素材の食感や味のマリアージュが素晴らしく、ドナウヴェレ同様に誰かに食べてほしいもののひとつです。

グラノーラバーとクヌスパーブロート

素材の味が大切にされているパンです。

タンネに行かれるときはぜひ珍しい様々なドイツのパンをお試しくださいね♪
閉店間際になるとお店では15%オフセールを行っているそうです。

タンネ 浜町本店

住所: 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2−1−5
電話:03-3667-0426
営業時間:
[月~金]8:00~19:00
[土]8:45~18:00
定休日:日・祝
ホームページ:https://sites.google.com/site/doitsupantanne/home

https://sites.google.com/site/doitsupantanne/home

パン

カフェ・喫茶