カテゴリー
和菓子

きみしぐれが有名な和菓子屋、御菓子司 東海 – 人形町,水天宮前/和菓子

人形町の地元民から愛されている和菓子店、御菓子司 東海(とうかい)。
路地裏にひっそりと構えられた店舗は、変わりゆく時代の時計が止ってしまったようなお店です。

カテゴリー
和菓子

銀座あけぼの 浜町店 – 人形町,浜町/和菓子

和菓子の専門店、「銀座あけぼの」は人形町の外れ、甘酒横丁を浜町駅に向井、桜並木の公園に面した角地にあります。

カテゴリー
和菓子 洋菓子

どら焼きと塩せんべいが人気の明治10年(1884年)創業の和菓子と洋菓子のお店「三原堂本店」

水天宮にお参りに行く際に必ず視界に入るのが、交差点にある三原堂本店と人形焼の重盛永信堂です。

こちらの三原堂本店は創業が明治10年(1877年)と創業から130年以上も経っている歴史ある和菓子屋さんです。

カテゴリー
和菓子

東京の手土産として人気の黄金芋「京菓子司 壽堂」- 水天宮前/和菓子

水天宮駅と人形町駅の中間あたりにあり、1884(明治17)年から100年以上の歴史をもつ老舗和菓子店。

カテゴリー
和菓子

創業江戸文久元年、土日は休みで午前中に完売 人気のどら焼き「清寿軒」- 人形町/和菓子

江戸から伝わる手法で作られるどら焼き。
江戸の大名や、料亭など花柳界の手土産として愛され続けてきたどら焼きです。

仕事が午前中で終わる日にダッシュでお店に行きました。
詰め合わせのセットもあります。

カテゴリー
和菓子

人形焼の大人気店、「人形焼・ゼイタク煎餅 | 重盛永信堂」- 水天宮前/和菓子


たっぷりの餡でぷっくりふくれた七福神のお顔が愛らしい人形焼。
お店の奥の方では職人さんたちが人形焼きを作る姿も見られます。
日に3,000個、多い時は1万個が売れるという水天宮で人気の人形焼、下町の名物とも言える人形焼きを東京のおみやげ物にいかがでしょうか。

カテゴリー
和菓子

夕方には完売 和菓子処 茂ち月(もちづき)のどら焼き- 水天宮前,浜町/和菓子

浜町公園の近くに、「清寿軒」と同じようにレベルが高く人気のどら焼きがあるという事なので出かけてきました。

カテゴリー
和菓子 甘酒横丁

天正4年創業、人形町の伝統の和菓子屋「玉英堂」本店の名物は虎家喜(とらやき) – 水天宮前,浜町/和菓子

人形町から甘酒横丁へ入る角の交差点にあるのが玉英堂、 天正4年(1576年)に京都三条大橋のたもとに創業し現在は人形町が本店となった京の和菓子屋。
通りの名前の由来となった甘酒屋「尾張屋」の跡地にあります。

江戸時代から御所に菓子を納めており州濱(すはま)の形が紋のモチーフとなっています。

カテゴリー
和菓子 総菜

お土産として喜ばれる紫花豆「ちとせ屋」- 人形町 /和菓子,総菜


人形町駅のA2出口を出てすぐ左にある「ちとせ屋」は、昭和22年創業以来こだわりの手作りで佃煮店です。

こちらのの「紫花豆」は知る人ぞ知る銘菓で、人形町のお土産としてプレゼントやゴルフコンペ参加賞などで使われる人気豆です。

カテゴリー
和菓子 甘酒横丁

甘酒横丁にある太郎梅と胡麻豆腐の専門店、「凡味(ぼんみ)」- 人形町,浜町 /和菓子,総菜


甘酒横丁にある昭和55年から続いている「凡味」は、お座敷10席だけ、1日1組限定の家庭的な江戸懐石のお店であり、太郎梅と胡麻豆腐の専門店です。
こちらの木造建築は、元々は、代々続く呉服屋さんで、江戸料理の第一人者と交流があった女将さんが、呉服屋さんの傍ら江戸料理を始めることになったそうです。
食事の予約が入っていない時間は店内でこの2つを喫茶メニューとして頂く事も出来ます。